食用の家庭菜園は、この2種から始めてみる!

家庭菜園に興味を持ち続けて、難しそうと思い尻込みをしていました。
大々的に畑を持っているわけではありませんが、
小さなポットやプランターから簡単に手間も少なく始められる家庭菜園があれば、
ということで一念発起始めてみました。
野菜の生長の様子を見守ったり、自分の手で育てた野菜を
自分の手で収穫できる充実感を伝えてみたいと思い、
簡単に始めて成果が得られやすい2種類の野菜の苗を紹介したいと思います。

薬味に活躍!ネギの栽培

ネギの苗は小さなポットに入って売られています。

茎1本ではなく、20本前後の束で売られています。

それを広めのプランターで間隔を空けて植え替えるだけです。
日向に出しておいても特に問題なく、1日に1度たっぷり水を与えます。

もともとにおいが強い野菜のせいか、虫に食われることもありませんでした。

順調に育つと、収穫のタイミングは15~20cmの丈が目安です。

しかも、ネギは植えた地面から5cm上の所で刈り取ると、刈り取った先から新しく生長していきます。

同じ目安と方法で再度収穫できます。

これを3~4回繰り返すことができるので、世話の手間もかからない上に、経済的にもお得です。

「1苗で鈴なり!プチトマトの栽培」

ネギと同時期に、プチトマトの苗が手に入ります。

ホームセンターなどでは、春先の苗だとすでに芽が出て5~6cmほど育っているものからが始めやすいと思います。

ネギとちがうのは、どんどん丈が高くなるので、予め支柱を立てておくと、それに沿わせて育てることができます。

水やりは1日に1度、たっぷり水をやります。
それ以外は特にやらず、生長を見守ります。

ただ、先にも述べたように丈が30cmを超えて結構高くなるので、ビニールひもなどで支柱に括り付けると倒れなくて済みます。

1苗で30個ほどプチトマトができ、早いものであれば、苗を購入してから2か月で真っ赤なプチトマトが収穫できました。

ただ、日光に当てすぎると、表面の皮が固くなるので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です