日本大好きな外国人の話がおもしろすぎ 日本人だというだけで親切にされる話

日本大好きな外国人の話をネット検索して見付けて読んでいます。

外国へ旅行したり、仕事や留学で外国に住んだときに、自分は何もしていないのに、「あんた日本人か?」「そうです」と言っただけで、異常に親切にされたという話もたくさん見付けました。

これがどこの国でもあるようで、なぜそんなに親切にされるのかという理由はたったひとつ、当事者の外国人が、親切にされた日本人の前に出会った日本人に親切にされたからだということなんですね。

その話を聞いても聞かなくても親切を受けた方は、自分も困った人を見れば同じように親切を返すことが恩返しと締めくくっておられるのが何とも微笑ましいです。

日本人だというだけで信頼されるというのは、例えばトルコでは、明治の頃に和歌山沖で難破したエルトゥールル号の乗組員を助けたこと、遺族への義援金を送ったことを小学校で教えているそうで、日露戦争で長年トルコの仇敵だったロシアを破ったこともあって、国を挙げての日本びいきがかなりのものだということで、トルコに旅行に行った人によれば、ホテルに宿泊したときの待遇とか、レストランでお金が足りなくて店を出てATМでおろしてもいいかと言って、日本人だからとあっさり信用してもらえたとか、びっくりするような体験をした話がいくつも登場するのです。

また中東のアラブ系の国に派遣された日本人の方たちが、日本にいるのと同じように現地の人たちと一緒に作業をすることで信頼関係が出来たそうで、次に行った日本人の方は何もしなくても部族の長が出て来て守ってくれたとか。

昔はテレビ番組が外国へ行き、その国の人たちに日本の位置とか首相の名前を知っているかと聞いて、知らない人ばっかり、日本って世界に知られていないなどと笑いをとっていたものでしたが、戦後70年以上経ち、今まで地震や災害救助で派遣された自衛隊の方やボランティアの方の活動もとても評価され感謝されているということで、漫画やアニメから工業製品までの進出もあり、日本人の印象はものすごく変わってきたんだなあと感慨深いですね。

天理教

天理教は皆さんも中には知っている人が多いと思います。野球でも名門ですし、天理市という自治体もあるくらいで俗におじば帰りというのもあります。

しかしその宗教の実態はどういうものなんでしょうか。実は私は信仰していませんが両親が信仰してしまいました。そうした経験からお話したいと思います。

天理教は一体何をやっている

月に一回私の家は10日にやってきて、神棚にむかって歌と踊りをしにやってくるのです。俗に先生です。

両親は敬虔な信者ですからやるんですが、私は正直馬鹿馬鹿しいと思っていました。年に一回子供がそうした事をやる祭りがあります。

私は祖母からのお小遣い欲しさにやっていました。

私は主に歌と、小鼓を担当していました。毎週日曜日貴重な時間を割いて東京との教会に行くのが、祖母からのお小遣い欲しさに行っているだけで、祖母もようは体裁を生み出す手法としてやっていました。

私以外にも孫はいる筈ですが、私は頼みやすかったのかもしれません。

実態は

天理教に入信する人とは、俗にアウトローな人が多いんです。

親鸞和尚が悪人こそは救われるという、法を説いていましたがこれに近いのではないでしょうか?

どんな悪い人でも悔いれば救われるという発想が、おそらくそこにあり人助けやお授け(色々あるんですけど口では説明しずらい)をする事で、所謂ボランティア精神の構築だと思います。

活動資金は当然お布施です。ちなみにおじばに泊まる宿泊料はなんと1000円です。しかし飯が不味い。なぜか?

修行だからです。父が言うには昔はもっとひどかったらしいです。

一見教えは素晴らしいのですが、教会の先生がいうような教えを信者が守っているか?というと私は全く守っていないと思っています。無論教えはとても素晴らしい。

しかし、あまりに人間性の欠いている部分の人も多いのです。両親もそれに近かった。それ故自分は教えと、実際の実行している行動に乖離があり、矛盾を感じ信仰していないのです。

天理市街全体

当然おじばがえりにも行きました。

私個人としては好きな街です。関西特有のアーケードの中に、様々な物品を売っていますが、やはり天理教にまつわる建物、物産も多いですね。

昔は丹波の山奥といって汽車で行ってたこともあり、乾物が名産らしく、ここで売っている昆布を母は好んでします。

まとめ

天理市そのものは観光は普通にできますし、教会そのものは誰でも入る事が出来る。

これがこの宗教のスタイルらしいです。
観光がてら訪れるのもいいと思います。

地震雲

このところ大きな地震が起きる度、地震予知に関して「地震雲」が巷で取りざたされています。

「地震雲」とは、地震発生の2週間前から直前にかけて、同じ場所で移動せずに長時間見られる変わった形状の雲であることが特徴とされています。

そのメカニズムは、地殻の衝突によって生じる電磁波が空を通過し、普段見られないような異常な形の雲が生じると言われています。
…本当でしょうか?

阪神淡路大震災や東日本大震災では、被災地で異常な感じを受ける雲が多く目撃されたことから、地震と雲の関係を地震予知として見る人も出てきています。

ちなみに「地震雲」と言われている雲の種類は、かなり豊富です。
素人が見ると、ああ怖い!と思ってしまうような形の雲でも、気象に詳しい人や登山をする人から見れば、あの雲かと言うほど見慣れた雲だということです。

地震雲の種類

・断層型:雲のエリアと青空がはっきり分割されているように見える雲で、3日後ほどに大きな地震があるとされています。

・帯状型:長い帯状の雲で幅が広いほど大きな地震になり、長いほど近く発生すると言われています。

・波紋型:水面にできる波紋のような雲、波紋の濃淡が濃いほど大きな地震になると言われています。

・肋骨状型:肋骨の様な線状の雲が並ぶ形で、すぐに地震が発生すると言われています。

・竜巻型:垂直に立ち竜巻のような形状で、1週間以内に大きな地震が発生、震源地近くに見られる雲です。

最近の大きな地震では、阪神淡路大震災で竜巻型、熊本地震で帯状型の雲が見られ画像としても残されていますが、東日本大震災の時の雲は、上記に当てはまらない輪状の雲を撮影した人がいる以外、あまりはっきりした雲の出がなかったか、消失しているかみたいです。

とこで、「地震雲」は、科学的に立証されているのでしょうか…?
気象庁の見解は、否です。
地震の影響を受ける科学的なメカニズムは説明できていないということです。
地震雲=幽霊と同じ現象です。

一方、地震学会の見解では、グレーです。
地震の前兆としての雲の研究は過去に何回か発表されたことがあり、雲と地震の関係について皆無とは断言できないそうです。
しかしながら、その時発生していた特異な雲を地震と結びつけているだけであり、地震が起きなければ忘れてしまう雲の出現も多くあります。
オカルチストや何らかの予兆を察知できる特殊な人達の見解は、ありです。
検証できませんが不思議な世界はあり、それを感じる人達はいるようです。

雲研究者であり、気象庁気象研究所研究官の荒木健太郎氏は、ツイッターで、地震雲が不安な人へと次のようにコメントしています。
不思議な雲や空でも、気象学でほぼ説明できるため、楽しんだ方が得です。
雲や大気光学現象の仕組みを調べて愛でましょう。
地震が不安なら、備えましょう。

荒木健太郎氏のツィッターでは、可愛らしく明るいイラストや理路整然とした解説で、見ていると心が明るくなるほど健全です。
研究者ならではの雲愛に満ちています。

心を満たすビーズ

ごく最近になって、ようやくビーズに親近感を憶えるようになってきました。
これまで長い間、ビーズに対して複雑な思いを抱いていたからです。
おそらく今後もその傾向は続くと思われますが、少しだけ心を満たしてくれる物になるかもしれないと考えています。

ガラスビーズ破棄事件

幼い頃、引っ越しの準備をしていた際、倉庫から幾つものガラスのきれいなビーズを糸に通した束が出てきました。

父の仕事関係の物らしかったのですが、母が突如としてヒステリックに怒り出すと、全て目の前で破棄されるという出来事がありました。

幼い女の子にとっては、まさに見たこともないような宝物であったため、相当これはショッキングな出来事でした。

ちょっとおままごとに使う分すら手に取ることも許されず、一言も文句を言うと叱り飛ばされ押し黙らなければならなかったことは、今でもトラウマです。

心が満たされないアクリルビーズ

最近のパワーストーンブレスが流行るよりずっと前に、ニューエイジカルチャーによるクリスタルヒーリングブームがありましたが、その頃はビーズやブレスレット類は人気がありませんでした。

その流行が終焉した後に、手作りビーズアクセサリーの流行があり、ビーズや金具パーツを多く取り扱う問屋が人気を呼び、直営店を出すようになりました。

その時期に、アクリルビーズを購入してみたものの、夢中になれず、安っぽいビーズを無駄に残すことになりました。

アクリルビーズは透明ですが、ガラスでも天然石でもなく、やはり安っぽく心を満たすものではありませんでした。
これが、二度目の喪失感です。

天然石ビーズに対する気持ちの変化

その頃に、宝石に関する博物展を見た折、記念品コーナーで気軽に購入できる鉱物見本のような小さな丸玉セットを購入しました。

販売の女性から、穴が開いておらず使えないのですが良いですか、と聞かれても、当然OKと答えました。

ビーズのように穴が開いている石なんてとんでもないと、アクリルビーズのイメージを強く持っていた自分は、納得して購入したのですが、今現在それを見ると、やはり穴が開いていた方が良かったと思いました。

それにしても、市場価格1粒20~30円程度の物を300円でよく売れた時代です。

昔の古いトラウマめいた気持ちは、実は今も消えていません。

今でも、過去の喪失を補うべく、後に似たような物を買い集めるという事には至らず、むしろ不信感や喪失感を怖れてビーズ関係のお店には近寄らないくらいになっていました。

透明なものや結晶は好きなのですが、未だに天然石ビーズを沢山取り扱うお店には、1度も目の前を通っても足を踏み入れたことがありません。

しかし、天然石のビーズには、アクリルにはない心を満たしてくれそうな何かがあることを少しだけ期待しています。

ただし理性は、長く使用できるブランドアクセサリーを買うべきと理解しております。

食用の家庭菜園は、この2種から始めてみる!

家庭菜園に興味を持ち続けて、難しそうと思い尻込みをしていました。
大々的に畑を持っているわけではありませんが、
小さなポットやプランターから簡単に手間も少なく始められる家庭菜園があれば、
ということで一念発起始めてみました。
野菜の生長の様子を見守ったり、自分の手で育てた野菜を
自分の手で収穫できる充実感を伝えてみたいと思い、
簡単に始めて成果が得られやすい2種類の野菜の苗を紹介したいと思います。

薬味に活躍!ネギの栽培

ネギの苗は小さなポットに入って売られています。

茎1本ではなく、20本前後の束で売られています。

それを広めのプランターで間隔を空けて植え替えるだけです。
日向に出しておいても特に問題なく、1日に1度たっぷり水を与えます。

もともとにおいが強い野菜のせいか、虫に食われることもありませんでした。

順調に育つと、収穫のタイミングは15~20cmの丈が目安です。

しかも、ネギは植えた地面から5cm上の所で刈り取ると、刈り取った先から新しく生長していきます。

同じ目安と方法で再度収穫できます。

これを3~4回繰り返すことができるので、世話の手間もかからない上に、経済的にもお得です。

「1苗で鈴なり!プチトマトの栽培」

ネギと同時期に、プチトマトの苗が手に入ります。

ホームセンターなどでは、春先の苗だとすでに芽が出て5~6cmほど育っているものからが始めやすいと思います。

ネギとちがうのは、どんどん丈が高くなるので、予め支柱を立てておくと、それに沿わせて育てることができます。

水やりは1日に1度、たっぷり水をやります。
それ以外は特にやらず、生長を見守ります。

ただ、先にも述べたように丈が30cmを超えて結構高くなるので、ビニールひもなどで支柱に括り付けると倒れなくて済みます。

1苗で30個ほどプチトマトができ、早いものであれば、苗を購入してから2か月で真っ赤なプチトマトが収穫できました。

ただ、日光に当てすぎると、表面の皮が固くなるので注意しましょう。

将棋駒の世界

最近、藤井聡太7段の活躍により賑わいを見せている将棋の世界。
老若男女楽しめることもあり、幅広い世代に支持されています。
将棋は指すことでも楽しめますが、将棋を指すときに盤や駒が必要になります。
私は将棋駒が好きで、その世界となぜ好きになったのかについて少し話そうと思います。

きっかけ

私が将棋駒を好きになったのは社会人になってからです。

高校生くらいの頃から将棋はしていたのですが、ネット対戦が多く実際の駒にはあまり触れる機会がありませんでした。

社会人になり、友人らと将棋駒を見る機会があり、将棋駒を見た時になんて美しいんだと感銘を受けました。

漆と木の木目が織りなす美しさに私は見惚れていたのです。

値段が値段なので中々買うことはできないですが、それ以来私は将棋駒が好きになり美しいと思ったものをネットや店頭で見ています。

将棋駒の種類

将棋駒には大きく分けて三種類あります。
彫駒、彫埋め駒、盛上げ駒の三種類です。

ちなみに値段は左から右に行くほど高くなります。
彫駒は木を彫ってそこに漆を流して、彫ってある部分を楽しむ駒になります。

将棋駒として一番リーズナブルな駒であり、値段も10万円しないものがほとんどです。

次に彫埋め駒ですが、こちらは将棋駒を彫ってそこに漆を流し込み平らにすることで、彫った部分を漆で埋めた駒になります。
彫駒と違い彫った後に漆を木の表面と均等にしたりと、手間がかかることも多く安い駒は15万円ほどですが高い駒だと50万円はするような品物になります。

最後に盛上げ駒。
これは彫埋め駒のようにいったん駒の表面を木の表面を漆と均等にした後に、筆に漆をつけ文字を盛り上がらせることになります。

これは手間のみならず、職人の腕が非常に問われやすいものでも30万円前後、高いものだと100万円を優に超えてきます。

将棋駒は奥が深く、一流のものを手にする際には車が買えてしまうほどの値段になるのです。